初期費用を考えると断然お得

成功報酬型の弁護士への債権回収は、結果的に費用の負担が高くなるため、決断できないままになってしまっているケースも少なくありません。しかし、初期費用のことを考えると、結果的に回収できるかどうかが分からない場合ですと、不安だけが募ってしまうことになります。その点、もし、債権回収のめどが立たず、そのまま時効を迎えるリスクがあるのでしたら、早めに手続きを取り、債権回収のための段取りを進めるようにすることが望ましいといえます。

通常の債権回収ですと、弁護士への依頼の初期費用の発生は必ず発生してしまうものですが、成功報酬のメリットは、結果的に相手側から回収できなかったとしても、弁護士の先生に支払う必要がない点にあります。もちろん、弁護士事務所もプロの回収代行として実施しているため、採算性のない案件を着手することはありません。そのため、結果的に現在のままであれば、回収できない案件に関しては、プロの弁護士に一任して、回収をお願いすることで、余計な手間や労力を省くことにもつながります。無駄な費用や負担を出来る限り省き、結果的に円滑に回収するためにも、初期費用の発生しない成功報酬型の弁護士事務所に一任することを検討してみてください。

【参考サイト】債権回収の成功報酬型費用 / 弁護士法人アディーレ法律事務所

必要書類を準備しよう

債権回収をプロの弁護士に依頼して、出来る限り費用の負担を小さくされたいと考えている方は、必要書類を事前に用意して、事務手数料や金額的な負担を小さくする方法が効果的です。この必要書類の準備は相手側に金額を請求するときにポイントとなる条件です。どのように請求するのが良いのか、金額的な面や条件、実際に請求する方法などについて、具体的な書類を用意しておくことで円滑に手続きを進めることができます。

また、成功報酬型のプロの弁護士に依頼する場合、事務的な手続きが発生すると、成功報酬時の費用に事務費用が加算されてしまう場合があります。そのため、もし書類の準備や、過去に内容証明で相手側に請求した書類関係、日時の整理などされた書類があるなら、弁護士の先生に引き継ぎやすくまとめて渡すことをおすすめいたします。初期の段階で、相手側との取引の実績や、振込み口座、相手側の事業や、資産が分かる書類や、通帳の実績があれば、記録して渡せるようにしておくと良いでしょう。成功報酬型の債権回収の場合、結果的に弁護士の先生も実際に回収できるかどうかを現実的に判断することになるため、回収の見込みが十分にあることを示すことがポイントになります。

プロに依頼して債権回収をしよう

債権回収の手段は、相手側が応じない場合、最終的には法的な手段によらなければならないケースが珍しくありません。当サイトでは、いかにプロの弁護士に依頼し、債権回収を円滑に進めることができるのかを紹介しています。まだ、具体的な手続きが出来ていない方にとっては、プロに依頼して、債権回収をするための道筋を検討をされてみると良いでしょう。実際、債権回収に関してはプロに依頼したほうが、手続きでご依頼主様がわずらわしい思いをすることもありませんし、回収できる可能性も高くすることができます。

また、法的な知識がないため、何から準備してよいのか分からない場合も珍しくありません。それらの手続きに関して、弁護士に依頼することによって債権回収はかなり円滑に進めていくことができます。法的なトラブルや問題について、債権回収で相手側が交渉に応じてくれない、という場合も珍しくありませんが、弁護士に依頼することにより、訴訟までの手続きの段取りや、実際に費用がどの程度になるのか見通しを立てることができます。また、債権回収の手続きには時効に該当してしまうケースがあるため、素早く債権回収の手続きをして良いのか、具体例を確認するようにしておくと良いでしょう。不利益をこうむる前に素早く債権回収をするための手続きをすることで、ご依頼主様が最終的に手に出来る金額も大きくなります。もし、債権回収を諦めてしまっている方がいれば、専門の弁護士に相談してみてください。